暗殺教室見ました。
  《作品概要》(Wikipediaより抜粋)
ある日突然、進学校「椚ヶ丘中学校」の落ちこぼれ組・3年E組の元に政府の人間と、人間ではない謎の生物がやって来た。
マッハ20で空を飛び、月の7割を破壊してしまった危険な生物は「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」と宣言したうえ、「椚ヶ丘中学校3年E組」の担任教師となることを希望した。
政府は最後の手段としていくつかのルールを設けつつ、3年E組の生徒に「謎の生物の暗殺」を依頼。生徒たちは最初こそ戸惑うが、「成功報酬100億」のために殺る気を出すのだった。

 ❏ コイツ、想像以上に動くぞ・・・!

放送時間がアニメ激戦区のため影が薄いですが、なかなか良いデキです。
殺せんせーは動きが速かったり、色がカラフルになったり、話し方にクセがあったりと、元々アニメ向きな
性質なので、アニメ化に際しても違和感なく見ることができます。



amazonインスタントビデオなら、見逃し最新アニメが105円~で見られる!

ヌルヌルニュルニュル感も良い感じに出ていますし、スピード感や超生物感も上手く再現出来ています。
また、漫画絵のように線画に強弱を持たせているため、原作派の方でもすんなり入ることが出来そう。

ああ見えて意外と表情も豊かなので、アニメでは原作よりもバラエティーに富んだ表情が
見られるかもしれません。
生徒も初めからキャラを濃く作っているので、後々活躍するキャラが伏線的に登場していたりします。

 ❏ 過剰な規制にツームストンパイルドライバー

関東での話ですが、なぜ裏に2本もアニメが放送している時間帯にかぶせてきたのか。
なかなか良い作品なのに、非常にもったいない。

弱ペダの記事でも書きましたが、少年誌に連載しているアニメを深夜に放送するのは如何なものかと。
フジなんだから、トリコやドラゴンボール改を放送している朝の時間帯で良いのに。
今回の場合は、おそらく「暗殺教室」というタイトルに局側が日和ったのでしょう。

確かにタイトルはセンセーショナルですが(殺せんせーだけに)、実際の内容は実に少年誌らしい
努力&成長で強敵に挑むというもの。
タイトルに反して、ほとんど死人も出ませんし。
下手したら、ワンピースやトリコよりも死ぬ人が少ないのではないでしょうか。
子どもが見るべきアニメなのに、タイトルだけを見て「朝は駄目」って判断しているとしか思えない。

イスラム国の人質事件による放送休止の件も、おそらくタイトルの影響でしょう。
誰もなんとも思ってないのに、過剰な対応をとることで、むしろ自らの首を締めているような
気がしてならない。

劇場版PSYCHO-PASSがR-15に指定されたのもそうですが、一部分だけを切り取って有害扱い
するのは勘弁してもらいたい。
学生時代に国語の授業で、「作者は、この物語を通して何を伝えたいのか考えてみましょう」という
勉強をしたと思いますが、それが全然活かされていないと感じます。

暗殺教室にしろPSYCHO-PASSにしろ、暗殺や残虐シーンを一番に見せたい訳ではありません。
その先にあるものを汲み取ることで、作者からのメッセージや深い感動が得られるというのに。
上辺だけを見て、とりあえず臭いものに蓋をしとけ的な悪しき慣習にリバースインディアン・デスロックを
食らわせてやりたい。

アニメに限ったことではありませんが、苦情への対応も解せない。
全員が満足するものを作るのは不可能なので、多少はクレームや苦情も来るでしょう。
ですが、なぜそれを最優先に受けてしまうのかが疑問。
たかだが数十件の苦情が、あたかも全視聴者の意見かのように錯覚してしまっている。

仮に視聴率1%だと40万人が視聴している訳で、例え40件苦情が来たとしても、それは全視聴者の
0.0001%にしか過ぎないのです。
不快に感じていても、実際に苦情を送る等の行動に移さない人がその10倍いると考えても、0.001%。
つまり、99.999%の人は問題ないと思っています。
それなのに、超少数派の意見を優先するのは、単にクレーム処理が面倒だからと勘ぐられても
致し方ない。
せめて、全視聴者の1%(視聴率1%の際に苦情が4千件)以上来てから規制を検討するくらいに
して欲しい。

このままだと、TVにおける表現の自由は名ばかりのものになってしまいます。
似たようなアニメが増えた原因も、規制の強化が少なからず影響していることでしょう。
もっと自由に作るための手段として、ネット配信のみというアニメが今後は増えてくるかもしれませんね。
それで面白くなるのであれば、むしろそうして欲しいですが。

 【まとめ】

殺せんせーはとにかく動きが特徴的なので、アニメとの親和性は高いです。
漫画では分からなかった普段の動きなんかがアニメで解明されそうです。
原作には無い福潤氏のアドリブ台詞もかなり多いので、それも見どころの一つ。

原作よりもシンプルでクセの少ない絵は好みが分かれそう。
初見組でも入りやすい一方で、たまに出てくるネウロのような印象的な絵までもがそうなってしまうと、
物足りなさを感じるかも。

原作力が高い作品なので、普通に作っても十分面白くなるのですが、普通じゃ終わらせないという
気迫のようなものをアニメ制作側からも感じられます。
良質なアニメなだけに、放送時間が悔やまれる。


    
↑今すぐ見たい方はこちら ↑原作が気になる方はこちら



<アンケートにご協力ください>
Q.このアニメ感想記事は参考になりましたか?






この記事に共感できた方は、下のSNSボタンより拡散してください。