辛口アニメ評論ブログ

新アニメの感想を辛口で勝手に述べまくるブログです。

2013年05月

はたらく魔王さま!の感想及び評価

はたらく魔王さま!見ました。
  《作品概要》(Wikipediaより抜粋)
かつて、魔王サタン率いる魔王軍は聖十字大陸エンテ・イスラを席巻していたが、勇者エミリア率いる反抗軍に追い詰められ、異世界へつながるゲートへの撤退を余儀なくされる。ところが、ゲートの向こうに広がる異世界とは現代の日本であった。
現代日本では魔力の概念が存在せず、エンテ・イスラへ戻るためのゲートを開くことも難しい。東京の笹塚にある六畳一間風呂無しのアパートを居とした魔王は「真奥貞夫」と名を変え、日本征服のための足がかりとしてフリーターから正社員の座を目指し、ファーストフード店でのアルバイトに励むこととなる。また、魔王を追ってきた勇者も天界の聖法気が存在しない日本では一般人同様であり、契約社員「遊佐恵美」として打倒魔王を目指すこととなる。


 ❏ そつがない

いや、面白いですよ。
掴みも上手いし、その後の展開も興味をひく。
序盤は作画も頑張ってますし、中盤以降も重要なシーンではかなり力の入った絵を見せてくれます。

続きを読む

銀河機攻隊マジェスティックプリンスの感想及び評価

銀河機攻隊マジェスティックプリンス見ました。
  《作品概要》(Wikipediaより抜粋)
地球暦2110年(新宇宙暦88年)。宇宙へ進出した地球人類に、謎の勢力・ウルガルが攻勢を開始。地球は滅亡の危機に陥る。これに対して全地球防衛軍・GDFは、「遺伝子操作により、戦闘に特化した人種を作り出す」というMJP計画によって生み出された少年少女5人組「チームラビッツ」を派遣艦隊の撤退戦用の盾として最前線の木星へ向かわせた。最新の戦闘デバイス「アッシュ」に乗る彼らは個々の能力に秀でたものはあるがチームワークが悪く、「ザンネン5」の別名を持つほどに演習では結果を残していなかった。しかしその初陣は撤退成功に加え、敵部隊も撃退するという思いもしない結果に終わった。以降、彼らはGDFの対ウルガルの切り札として様々な任務に赴くこととなる。


 ❏ ロボコメ

ロボットアニメには珍しく、コメディ要素が多めに含まれています。
ラブコメならぬ、ロボコメ(=ロボットコメディアニメ)。

続きを読む

よんでますよ、アザゼルさん。Zの感想及び評価

よんでますよ、アザゼルさん。Z見ました。
  《作品概要》(公式HPより抜粋)
芥辺探偵事務所で働く女子大生・佐隈りん子。彼女は雇い主である芥辺に素質を見出され、助手として依頼をこなしていくうちに、「悪魔探偵」という芥辺の裏の顔を知ることになる。ある日、芥辺がグリモアという魔導書を使い魔界から召喚したのは、とんでもなく下品な悪魔・アザゼル。イケニエと引き換えに、依頼に向かったアザゼルだったが、事態は思わぬ 方向に…!?
役に立ちそうで立たない個性豊かな悪魔たちと佐隈の騒がしい日々は今日も続いて行く…。

 ❏ お下劣大百科

未だかつて、ここまでお下劣な作品を見たことはあるだろうか? いや、無い。
下ネタから悪口、スラングが激しく飛び交い、下品極まりない。続きを読む

ゆゆ式の感想及び評価

ゆゆ式見ました。
  《作品概要》(公式HPより抜粋)
この春、女子高生になったゆずこ、唯、縁の3人組はいつもいっしょの学園生活。放課後は部員3人、パソコン2台とホワイトボード1台の『情報処理部』で、適当に決めた単語でググってその結果でまたおしゃべり。なんでもない日常は、たまにイベントも発生するけど、やっぱり女の子がいちゃいちゃするだけ。でもなぜか目が離せない新世代女子高生コミュニケーション。ゆとりかわいい学園生活は、遊びと部活とところにより百合要素。
ノーイベント・グッドライフ!それがこの3人の”ゆゆ式(ルール)”

 ❏ ノーイベント・グッドライフ!

これまた、公式HPの説明文そのまんまの内容。
感想も何もないです。以上、終了。続きを読む

ムシブギョーの感想及び評価

ムシブギョー見ました。
  《作品概要》(Wikipediaより抜粋)
江戸時代、将軍・徳川吉宗の命により設置された目安箱に寄せられた庶民の声を受けて、「新中町奉行所」・通称「蟲奉行所」が新設される。その役目は江戸に跋扈する巨大蟲を駆除すること。新米同心の月島仁兵衛は巨大蟲から江戸を守るため、先輩の同心達と共に戦うこととなる。

 ❏ 単純明快

舞台こそ江戸時代ですが、今時珍しいくらいドストレートな少年マンガ。
余計な設定を極力削っているので、すんなりと話の流れに乗ることができます。続きを読む

翠星のガルガンティアの感想及び評価

翠星のガルガンティア見ました。
  《作品概要》(Wikipediaより抜粋)
遠い未来、人類は宇宙に人類銀河同盟を結成し宇宙生命体ヒディアーズと争いを続けていた。人類銀河同盟の少尉レドは、作戦宙域から撤退する際にヒディアーズに襲われ乗機チェインバーと共に転移事故に巻き込まれてしまう。
その後、半年の冷凍睡眠から覚めたレドは、そこが太古の昔に人類が住めなくなったはずの地球であることを知る。レドは言葉が通じない地球の人々との共生の道を探っていく。 


 ❏ ロボロボ詐欺

1話の冒頭こそ宇宙を舞台にしたベタなロボットアニメでしたが、それはプロローグに利用したに過ぎず。
 その本質は、人との関わりによって主人公が成長していく少年誌的な内容。続きを読む

あいうらの感想及び評価

あいうら見ました。
  《作品概要》(Wikipediaより抜粋)
『あいうら』(AIURA)は、茶麻による日本の4コマ漫画作品。ニコニコ静画における「ニコニコで漫画を描いてみた」のコーナーで連載されている他、商業漫画雑誌である『4コマnanoエース』(角川書店)でも連載中である。
高校生の天谷 奏香、岩沢 彩生、上原 歩子、そしてクラスメイトらの日常を描いた物語。キャッチフレーズは「何も起きないが起きる、彼女たちの日常。」

 ❏ 何も起きない

「何も起きないが起きる、彼女たちの日常。」というキャッチフレーズに嘘偽りなし。
これなら、JAROも納得。 続きを読む

革命機ヴァルヴレイヴの感想及び評価

革命機ヴァルヴレイヴ見ました。
  《作品概要》(Wikipediaより抜粋)
真暦71年。宇宙進出を果たした人類は宇宙都市『ダイソンスフィア』の開発によって、総人口の7割が宇宙に移り住んでいた。軍事同盟から発展した『ドルシア軍事盟約連邦』と、通称『ARUS』と呼ばれる環大西洋合衆国、世界はこの2つの勢力に分かたれ、そんな中で小国の『ジオール』は中立の立場として平和を謳歌していた。
ジオールの一区画であるモジュール77に暮らす普通の高校生・時縞ハルトは、勝負事に向かない気性を片思い中の幼なじみ・指南ショーコに呆れられつつも平和な日常を過ごしていた。しかしそんなある日、モジュール77は突如ドルシア軍の攻撃を受ける。避難しようと走る途中、ショーコは取り残された人を助けようとして攻撃の余波を受けてしまい、ハルト達の前から姿を消す。茫然自失となったハルトは、突然地下から出現した謎のロボット・ヴァルヴレイヴに乗り込み、ショーコの敵討ちをすべくドルシア軍に立ち向かう。

 ❏ 機動戦士ガンダムVVV(ヴァルヴレイヴ)

OP・設定・話の展開等の全てを総合すると、ほぼガンダムです。
公式には言えないと思いますが、AGEに期待していたガンダムファンへのお詫び的な意味合いも含まれて
いるのでしょう。
続きを読む


マクロミルへ登録

ブログ更新のため
1日1ポチずつお願いします

アニメブログ一覧
人気ブログランキング
無料アニメダウンロード
にほんブログ村 アニメブログへ


ブログ内記事検索

勝利で全ショップポイント2倍!今すぐエントリー!
楽天市場
CD・DVDジャンルトップで探す
モバイル版QRコード
QRコード
【ニコ生BAN】超巨乳ノーブラ生主が手ブラ&乳揉みしだき動画
FC2ライブ
登録不要&無料で楽しむエロ生配信
  • ライブドアブログ